学生メンバー募集中!

資料作成者・研修講師として、一緒に活躍しませんか?
企業と一緒に成長、スキルアップできるチャンス!

サービス急成長中の「今」だからできる経験を、
一緒にしませんか?

私たちは企業のSNS担当者を育成するSNSSCHOOLや、新規事業におけるマーケティングサポートを通じて企業の発展を支えています。特にこの数ヶ月はコロナ長期化の影響もあり、SNSマーケティングがこれまで以上に注目されるようになりました。

マーケティング・コンサルティングと聞くと、とても難しいことを行なっているように聞こえるかもしれませんが、私たちマーケッターやコンサルタントもSNSユーザーや消費者の一人。企業様へ実際のユーザー目線でのコンサルティングや企画を提案することで、満足度の高い評価を得ています。

もっと学びたい、今よりも成長したい!という向上心を持った学生メンバーを大募集しています!!
スキルに自信がない方でも、問題ありません。これから一緒にスキルアップしていきましょう!

BESだからできる体験

  • 様々な規模・ジャンルの企業で実績を積める!
  • 登壇や育成の実績がなくても、育成に関われる!
  • 企業と一緒に、自分自身もスキルアップできる!
  • 様々な経歴を持ったメンバーと一緒に働けて、今までにない視点や経験が得られる!
  • 年間でカリキュラムを組んでいるから、安定した収益が得られる!

スキルに自信がなくても大丈夫!一緒にスキルアップしていきましょう!

学生メンバーインタビュー

資料作成者や講師として活躍しているメンバーから、リアルな声を聞き出しました。
講師はもちろん、業界未経験のメンバーも多くいますが、全員今ではSNSマーケティングのプロとして活躍しています。

中野 真紀子
明治大学政治経済学部4年
資料作成 / 研修講師

  • 自己紹介
  • なぜBESで仕事をしようと思ったのか
  • 今までBESでどんな仕事をしてきたか
  • BESで仕事をしていてのやりがいは?
  • BESでの仕事を通して身に付いた能力は?
  • これから一緒に働く学生さんにひとこと!

明治大学政治経済学部4年生 中野真紀子です。
趣味は読書と旅行です。最もよく利用するSNSはInstagramです。

きっかけはもともとBESで働いていた友だちの紹介です。SNSは中学生のころから利用しており、人より詳しい自信がありました。また、マーケティングについての知識はほとんどありませんでしたが、資料作成を通して様々な知識を身に着けられるのではないかと思い、ぜひBESで仕事をしたいと思いました。

登壇資料の作成や講師、SNSに関することの調査など、さまざまな仕事をさせていただきました。実際にクライアント様と関わる機会もあり、毎日貴重な経験をさせていただいています。

BESでは、「言われたことだけをやっていればいい」という考えは通用しません。自分の頭で考えて仕事をしていく必要があります。これはとても大変なことですが、その分達成感を得られるだけでなく、自分のレベルアップにつながります。BESで仕事をしていて、一番のやりがいは、「自分で仕事をできる」ことだと思います。

細かいところとで言うと、SNSやマーケティングの知識です。資料作成の仕方や、プレゼンテーションの基本も学ぶことができました。また、初めて企業で働いたので、基本的なマナーなども身に着けることができました。

BESにはいい意味で意識の高い人たちがたくさんいます。わたしはBESに入るまでただのだらけた大学生でしたが、仕事を任されていくうちに、少しずつ自分の中の意識が変わってきました。ぜひBESで一緒に仕事をして、自分のレベルアップにつなげていきましょう。

西澤 七海
上智大学総合人間科学部2年
資料作成 / 研修講師

  • 自己紹介
  • なぜBESで仕事をしようと思ったのか
  • 今までBESでどんな仕事をしてきたか
  • BESで仕事をしていてのやりがいは?
  • BESでの仕事を通して身に付いた能力は?
  • これから一緒に働く学生さんにひとこと!

上智大学総合人間科学部2年の西澤七海です。
趣味は好きなバンドの音楽を聴くことと映画を見ることです。Twitterも大好きです。

知り合いにBESを紹介してもらったことがきっかけでした。もともとその方ともTwitterを介して知り合ったこともあり、SNSの持つ可能性や重要性については感じていました。SEOライティング等を今まで行ってきた中でマーケティング的な思考を深めたいと思っていたので、BESで仕事をすることを決めました。

資料作成が主な仕事です。Twitterの講師として登壇したり、SNSの分析等も行ってきました。

いかにお客様のニーズに寄り添うことができるか、ということを徹底的に考えられるところです。SNSのリテラシーも、求められていることも企業によって変わってきます。やっぱり、届ける内容とお客様の求めていることがぴったり合った時は嬉しく感じます。

「向き合う力」は高まったと思っています。同じことをやるにしても、「求められていることは何か」という根っこの部分から考えた上で、それを超えるものを作ろうと考えるようになりました。1つ1つ目の前にあることと向き合って、自分なりに取り組めるようになったと思っています。

「学生だから」という言葉がいい意味で通用しない会社です。その環境で働けることは貴重だと思うので、ぜひ色んな方と一緒に働けると嬉しいなと思います。

東京大学大学院農業生命科学科
梁瀬 真優花

  • 自己紹介
  • なぜBESで仕事をしようと思ったのか
  • 今までBESでどんな仕事をしてきたか
  • BESで仕事をしていてのやりがいは?
  • BESでの仕事を通して身に付いた能力は?
  • これから一緒に働く学生さんにひとこと!

東京大学大学院農業生命科学科の梁瀬真優花です。「発展途上国の人を食の面から救いたい」そんな想いから日々アフリカのこと、農業のことを勉強しています。今まで複数の大使館、企業様にてInstagram, Twitter, Facebookの運用をして参りました。最もよく利用しているSNSはInstagramです。

BESで仕事をしようと思った理由は、SNSスクールで講師として登壇し「人に伝える力」をつけたいと思ったからです。元々、他の企業でデジタルマーケティング担当としてインターンをしていたこともあり、SNSを含むデジタルマーケティングには深く関心がありました。同時にこれから大学院を卒業後社会人として活躍していく中で「人に伝える力」はどんな仕事をしていく上でも絶対に必要になる力だなと思ったんです。そこで私の興味のあるSNSそして伝える力を学ぶことが出来る講師、どちらもできるBESで仕事をしたいなと思いました。

資料作成と講師業が主な仕事です。資料作成では今まで知らなかった多くのマーケティングメソッドを学ぶことに繋がりました。また講師業では今自分の持つ知識をどう伝えるべきか、人に伝えることの難しさを学びました。

私が作った資料を用いた授業で「資料がわかりやすかったです」と言ってを頂けた時、私が登壇して授業をした時に「これからも一緒に頑張りたいです」と受講生の方に言ってもらえたときです。やはり誰かの役に立てた、誰かが喜んでくれたそんな瞬間がやりがいに感じます。

SNSマーケティングに関する圧倒的な知識です。今まで他の企業でデジタルマーケティングをしたといえど、しっかりとSNSについて学ぶことはありませんでした。だからこそ今、業務を通じて様々な本を読み、研修に参加し、SNSの分析をすることを通じて多くの学び・気付きを得ることができています。

自分次第で色々なチャンスが広がる場所だと思います。社会人になる前に、学校の授業が終わり余裕があるその時に是非インターンにチャレンジし、他の学生と圧倒的な差をつけてほしいなと思います。一緒に切磋琢磨していきましょう!