株式会社エスエスケイ 吉田様

受講後の総合評価:4.0

:講義を受けてみて、一番印象に残ったことは何ですか?

吉田様:具体的なことですが、Twitterなどでハッシュタグを付けて投稿するなど、普段何気なく見ていて、特別意識することもなかったのですが、改めてその意義や効果などを知ることができ、またどの方法もすぐに実践できそうだなと思いました。

:普段SNSを利用していても気が付かなったことを、改めて言語化する講義内容が多かったと思います。そこに気が付く目が養われたとすれば、非常に嬉しいなと思います。他に、テクニカルな内容と概念を交互に講義したのですが、SNSマーケティングについては何か印象に残ったことはありますか?

吉田様:今の時代、SNSは重要なツールだとは思っていたのですが、講義では大手メーカーなどの例を挙げ、具体的な数値でSNSマーケティングの効果を説明していただき、その重要性を再認識することができました。また、自分たちが今まで感覚的にやっていたことを言語化して説明してもらい、理解がさらに深まりました。SNSマーケティングにおいては、ユーザーとのコミュニケーションが最も大切なこともわかりました。

:今まで、SNSマーケティングについて、社内で何か教えてもらう機会はありましたか?

吉田様SNSマーケティングについて教わる機会はなかったですね。そもそも弊社のブランドのSNSを始めたのがここ5年位で、担当も当初から変わらず、担当の経験だけでSNSを運用している状態です。SNSは日々様変わりしていますが、その変化に追いついていないのが現状です。常に最新の情報を取り入れ、対応していくべきだとは思いますが、それを実現する環境はまだ会社にはないですね。

SNSは新しい分野なので、苦戦している会社が多く、今回の講義を通して、テクニックだけではなく、人のSNSの投稿をどの様に捉えればいいのかをお伝えできたらいいなと考えました。ちなみに、吉田さんは、社内でのSNSの運用はしていますか?

吉田様:去年の5月からパラディウムというブランドを持たせてもらっているのですが、その時からSNSのアカウントを運用して、ちょうど1年くらいになります。最初は何もわからなく、前任者のやっていたことをそのまま引き継いで、同じようにやっていた感じですが、段々と色々試してみようかなと思うようになってきました。誰も正解がわからないことなので、色々試してみて正解を探すこともありだと思っています。

:次の質問ですが、研修を通して、具体的な結果を得たり、変化したりしたことは何かありましたか? 実際に運用してみて、フォロワーが増えたとか、インプレッションがどの位上がったとか、社内のSNS運用の環境が変わったとか、何か変化があればお伺いしたいのですが。

吉田様:社内の環境はあまり変わっていません。各担当が一人で運用しているので、個人個人が勉強して運用している感じです。パラディウムに関して言うと、リンク先へ誘導するタグを入れるだとか、強調のタグを入れるだとか、その程度しかまだ実践していませんが、それだけでも、リンクのクリック数が増えたり、フォロワー数が増えたりと、効果が出てきていると感じています。また、フォロワー数が減少する速度が緩やかになっていると感じています。

:すぐに大きく変化させることは難しいですし、SNSの内容を大きく変えたら変えたで、フォロワー数が減ってしまったりするので、少しずつ変化させながら、改善の兆しを感じていただけるのはありがたいですね。安心しました。また、伺う限りでは、まだまだやれることはたくさんあると思うので、講義でお伝えした内容を少しずつでも実践していただけたらと思います。講義後、受講生の方のTwitterInstagramを見るのが好きなので、楽しみにしています。(笑)

吉田様:がんばってみます。(笑)

SNSは、地道にやっている方が確実に伸びているので、今聞いた感じでは、吉田さんなら順調に伸びていくだろうと思います。最後に、研修内容を今後どのように活かしていきたいですか? 研修を受けてみた感想と、今後社内でSNSを運用していくに当たり、どう活かしていきたいですか?

吉田様:まだまだ認知度の低いブランドだと思うので、フォロワー数も当然少なく、徐々にフォロワーを増やし、とりあえずは認知を広げるために、色々実践していきたいと思っています。ウェブや広告も強化し、SNSをうまく使いながら認知を広げていき、いいブランドと思っていただけるようにしたいと考えています。

:とてもいいコメントいただけて安心しました。最後ですが、今後、何か学びたいことはありますか? SNSマーケティングのここを集中的に学んでみたいなどありますか?

吉田様:深堀りしたいのは、ユーザーさんとのやり取りについてです。今、あまりコメントが来ないので、コメントしてもらう方法や、返信の方法やタイミングなどを知りたいと思います。

:貴重なご意見を伺わせていただき、非常に参考になりました。長期間受講していただきお疲れ様でした。講義内容を今後の参考にしていただき、運用に活かしていただければと思います。